サークルの新規立ち上げ

学生時代、サークルを新規で立ち上げたことがあります。
元々はどこかの既存のサークルに入ろうと思っていたのですが、
なかなか自分に合うものがありませんでした。
学業やアルバイトとの両立を考えて、あまり活動が活発すぎるサークルは避けたいと思い、
比較的ゆるめのサークルを複数見学してみたのですが、雰囲気が合いませんでした。
そこで、一緒の考えを持っている友人と、「こうなったら自分たちの希望するサークルを作ってしまえばいいんだ」ということになりました。
サークルを作るにあたっての必要事項を学生課に確認し、その条件を一つずつ潰していきました。
もっとも苦労したのは、人数集めでしたが、
「活動への参加は強制ではないので、名前だけ貸してほしい」と何人かの友人に頼み、事なきを得、
無事サークルとして認可されました。
結果的にはその友人たちも活動に興味を持ってくれ、参加してくれたので、
名前だけ登録しているメンバーはいなくなりました。
サークルの活動頻度は、無理がない範囲で月1回に決め、
活動の詳細内容もその時の参加メンバーで事前に意見を出し合い決めました。
サークル活動がメインというより、メンバー間での交流がメインだったので、
話し合いを通しても交流を深めることができ、良かったと思います。